企画展

林明子の絵本展

1998年6月27日(土)~8月9日(日)

子どもの表情、しぐさを的確にとらえた温かい画風で子どもたちやお母さん、保育士さんに人気のある林明子さんの絵本作品を紹介する展覧会を開催いたします。 林明子さんは、イラストレーター真鍋博さんのアトリエを経て昭和48年(1973)「かみひこうき」で絵本の世界にデビュー、最新作「林明子の赤ちゃん日記」までに27点32冊(挿絵等は除く)の絵本作品を出版しています。この中にはロングセラー「はじめてのおつかい」のほか、第2回絵本にっぽん賞の「きょうはなんのひ?」、サンケイ児童出版文化賞美術賞の「おふろだいすき」、エズラ・ジャック・キーツ賞の「いもうとのにゅういん」、13人の審査員による大賞(フランス)「はじめてのキャンプ」、第21回講談社出版文化賞絵本賞の「こんとあき」など受賞作品も多く、フランスなど国内外で高い評価を得多くの子どもたちに愛読されています。 本店では、林さんの原画約122点を展示するほか、スライドコーナー、ビデオコーナー、作者の図書を閲覧できる読書コーナー、征矢清さん、川端誠さんによる記念講演会と林明子さんの作品世界を多面的にご紹介いたします。