企画展

第4回世田谷フィルムフェスティバル ニッポン・ミュージカル映画の世界―美術監督・村木忍の仕事を中心に―

2002年11月23日(土・祝)~12月28日(土)

昭和8年、トーキーの録音を請け負っていたP.C.L(写真化学研究所。東宝の前身)は、自主製作第一回作品として『ほろよひ人生』(木村荘十二監督)をつくりました。作曲に紙恭輔、作詞に徳川夢声を迎え、古川緑波、藤原釜足が歌うこの日本初の本格的音楽映画は、やはりここ・世田谷で生まれていたのです。
スターは歌とともにあり。エノケン、美空ひばり、雪村いづみ、江利チエミ、石原裕次郎、加山雄三、フランキー堺、クレージー・キャッツ……。数々のスターが歌い踊り、そのメロディーとともの愛された黄金期の日本映画。そこには欧米ミュージカル映画に勝るとも劣らない、突如出現するショーの舞台さながらのセット、群舞まで細かく配色の考えられた衣裳、そして底抜けに明るいストーリーがありました。日本にはミュージカルは根付かないといわれながら、観客までもがいっしょに歌ってしまう、あの楽しい映画はなんだったのでしょうか?
今年で4回目となる「世田谷フィルムフェスティバル」では、日本のミュージカル映画をとりあげます。美術監督・村木忍によるミュージカル映画独特の色彩豊かなセットデザイン画を中心に、衣裳デザイン画・スチール・ポスター・台本・レコードなど関連資料約150点を展示。あわせて映画上映会、関係者によるトークを開催します。また、「無声映画上映会」、シナリオ作家協会との共催による「映画を支えるシナリオという文学」など好評イベントも例年に引続き開催いたします。