企画展

写真展 クマのプーさんと魔法の森へ

2004年1月10日(土)~4月11日(日)

名作児童文学の魅力を、作品舞台の土地の美しい写真とストーリーでご紹介する写真展の第5回目は、子どもから大人まで世界中で愛読されるA.A.ミルン作「クマのプーさん」シリーズです。「クマのプーさん」、「プー横丁にたった家」で、クリストファー・ロビン少年とクマのプー、コブタ、ウサギ、ロバのイーヨーたちは、森の中でさまざまな出来事に会い、冒険に乗り出します。明るい詩がはさまった軽妙な文章と、失敗してもすぐ立ち直るユーモラスな登場人物、意外な展開が楽しめるストーリーで多くの子どもに親しまれてきた二つの物語は児童文学の不朽の名作です。舞台となったイングランド南東のアッシュダウン・フォレスト周辺の��