企画展

宮沢和史の世界

2006年9月30日(土)~11月26日(日)

いまやスタンダードナンバーとして親しまれている楽曲を手がけるTHE BOOMボーカリスト宮沢和史。宮沢の活動はしかし、音楽活動だけにとどまりません。詩集『夜ふかしの凡人』『未完詩』ほかの発表、ポエトリー・リーディング、敬愛する詩人の作品に言及した「詞から詩へ」の新聞連載など、積極的な文学活動によっても多くの読者の支持を得ています。また宮沢は、学生時代から親しんできた世田谷を舞台にした楽曲を作り、エッセイでも言及するなど、現代の世田谷を描いている作家のひとりです。
音楽家・宮沢和史は「歌をつくり、届けたい」という想いひとつで、日本のみならず世界各国への旅を続けています。一方で、この時代・この場所dえ何を語るのかを常に自己へ問いかけながら、詞・詩を生み出すために言葉と対峙し続ける作家の姿もまた、宮沢和史その人です。現在のただ中に屹立する作家・宮沢和史が創り出す作品を受け取り、感じ、その中に自分の〈言葉〉を発見していくことは、今を生きる私たちにとって、何よりもリアルな〈文学〉であるはずです。
本展では、「旅する音楽家―宮沢和史」と「詞・詩人―宮沢和史」の視点からその活動の軌跡を追い、映像や自筆資料などの初公開資料とともに、これからも止まることなく走り続けるアーティスト、宮沢和史の作品世界に迫ります。