setabun1203

文学を体験する空間「世田谷文学館」


次回の企画展


澁澤龍彥 1976年

澁澤龍彥 ドラコニアの地平

2017年10月7日(土)~12月17日(日)


会場
世田谷文学館2階展示室
休館日
月曜日 ※ただし10月9日(月・祝)は開館し、10月10日(火)は休館
料金
一般=800(640)円
65歳以上、高校・大学生=600(480)円
障害者手帳をお持ちの方=400(320)円
小・中学生=300(240)円
※( )内は20名以上の団体料金
10月13日(金)は65歳以上無料
「せたがやアーツカード」割引あり
※障害者手帳をお持ちの方の介添者(1名まで)は無料
主催
公益財団法人せたがや文化財団 世田谷文学館
監修
巖谷國士、菅野昭正
後援
世田谷区、世田谷区教育委員会
助成
公益財団法人朝日新聞文化財団

概要

フランス文学者であり、翻訳、評論、エッセー、小説にわたる多くの作品を執筆した澁澤龍彥。没後30年を迎える本展では、独自の文学表現活動を「澁澤スタイル」として、その創作と足跡をあらたな視点から総覧します。
澁澤はサドをはじめとする異色の文学を出発点としました。転機となったエッセー集『夢の宇宙誌』、代表作『高丘親王航海記』など300点を超える草稿・原稿・創作メモ類の自筆資料、愛蔵の美術品やオブジェ、和洋の蔵書などから、表現活動の背景と博物誌的世界の魅力に迫ります。伸縮自在な澁澤龍彥の創作世界、ドラコニアの領域にようこそ。