USERNAME

文学を体験する空間「世田谷文学館」


次々回の企画展


ピチカート・ファイヴ「さ・え・ら ジャポン」(レディメイド・レコーズ/ヒートウェーヴ/2001年1月1日) Art Direction:信藤三雄

BE MY BABY 信藤三雄 レトロスペクティブ

2018年7月14日(土)~9月17日(月・祝)


会場
世田谷文学館 2階展示室
休館日
月曜日
※ただし7月16日(月・祝)および9月17日(月・祝)は開館し、7月17日(火)は休館
料金
一般=800(640)円
65歳以上、高校・大学生=600(480)円
障害者手帳をお持ちの方=400(320)円
中学生以下無料
※( )内は20名以上の団体料金
※7月20日(金)は65歳以上無料
※9月17日(月・祝)は60歳以上無料
「せたがやアーツカード」割引あり
※障害者手帳をお持ちの方の介添者(1名まで)は無料

概要

>
松任谷由実、ピチカート・ファイヴ、Mr. Children、AKB48など、日本の音楽シーンをリードしてきた数多くのミュージシャンのCDジャケットを手がけ、新鮮なヴィジュアルイメージと革新的なプロダクトを生み出してきたアートディレクター、信藤三雄(1948~)。写真家、映像ディレクター、書家、音楽家としても才能を発揮し、その作品は各方面のクリエイターにも影響を与え続けています。本展では80年代の初期作から最新の仕事に至るまで、時代とともにあり続けたアートワークの数々を展覧し、創作プロセスを示す貴重な資料も交えながら、信藤三雄のクリエイティビティの全貌に迫ります。