中山晴奈さん(フードデザイナー)に聞いた料理にまつわる座右の書3冊

本と輪 この3冊

中山晴奈さん(フードデザイナー)に聞いた

料理にまつわる座右の書3冊

2020年10月30日

中山晴奈(フードデザイナー)

1980年、千葉県生まれ。コミュニケーションツールとしての食に着眼しアート・教育分野で調査・研究及び制作を行う。地域や生産者のメッセージを伝える商品開発のほか、東北食べる通信の連載など。慶應義塾大学SFC研究所研究員。

1
『富士日記 〈上・中・下〉』 武田百合子

百合子さんのつくるごはんはとにかく美味そうで、うま味調味料をお湯で溶いたスープでさえ美味そうに思えてくるのがすごい。夫に時折叱られながらも、中央道を飛ばしたり、野次を飛ばしたり、湖で男のように泳ぎ「あの女すげぇ」とささやかれたりする様子は、私たちがたまにやってしまう数々の失言、いきすぎた行いを清々しい風のように後押ししてくれる。食欲がない時、落ち込んでいる時に読むと効果覿面の1冊。

2
「サラダの謎」 『中谷宇吉郎随筆集』より

調理の表現に「石鹸のかけら」なんて言葉を使ってもいいのは、鋭い観察眼を持つこの科学者だけだ。地上に降りるとすぐに消えてしまい、ひとつとして同じものがないと言われている雪の結晶を観察してきたからだろうか。科学者の暮らしへのまなざしはあたたかく、丁寧で、そして客観的だ。「サラダをつくるときに、にんにくをパンの固い切れはしでこすって」入れる方法は、どんな名レシピよりも作ってみたくなる。

3
『仰臥漫録』 正岡子規

これが死にゆく人の食べるものなのだろうか。傷みの激しい病と闘いながら病床で食べたものとしてはあまりに多すぎやしないか。アンパンを5つ、8つ、10ともりもりと食べていく毎日。かつおの刺身に飯3杯。山のように美味いものを食べ、排便し、包帯を替え、痛みに悶絶し、庭を眺めながら生きた1日がありありと目に浮かぶ。食べることは生きることなんだと、読み進めるほどに腹が減り、生を意識する作品。

(出典)ブックリスト「本と輪 この3冊」vol.1 2017.4

SHAREこの記事をシェアする

だいたい金曜日の本

各分野でご活躍の皆さまに、世田谷文学館が用意したお題に対して、3冊の本を挙げていただきました。ロゴマークのデザインは、クラフト・エヴィング商會さんです。当館で不定期発行しているブックリスト「本と輪 この3冊」からのご紹介です。子ども向けの本から、洋書や哲学書まで、旅の本、食の本、写真集など幅広い分野から選んでいただきました。意外なテーマも出てきます。当館ライブラリー〈ほんとわ〉の雰囲気を、ホームページでも味わっていただければと思います。だいたい毎週金曜日に更新していきますので、どうぞお楽しみに。

※選書の入手について:書籍により、なかには現在入手が難しいものもあります。文庫版や古書、図書館などでも探してみてください。

hontowa ロゴマーク

角田光代(作家)

子どもの頃の思い出の本3冊

リンク

荒井良二(絵本作家)

大好きな外国の絵本3冊

リンク

土井章史(編集者)

長新太と出会う最初の3冊

リンク

君島佐和子(「料理通信」編集主幹)

料理にまつわる座右の書3冊

リンク

中山晴奈(フードデザイナー)

料理にまつわる座右の書3冊

リンク

鈴木芳雄(編集者・美術ジャーナリスト)

編集に唸る写真集3冊

リンク

平野太呂(写真家)

青春の写真集3冊

リンク

山崎まどか(文筆家)

「アメリカのハイスクール」をテーマに選ぶ写真集3冊

リンク

大橋歩(イラストレーター)

私の好きな絵本3冊

リンク

岡本仁(編集者)

信藤三雄さんはとっくに知っていた3冊

リンク

津田淳子(編集者)

造本・装丁がおもしろい本3冊

リンク

tupera tupera

貼り絵でつくられた絵本3冊

リンク