山崎まどかさん(文筆家)に聞いた「アメリカのハイスクール」をテーマに選ぶ写真集3冊

本と輪 この3冊

山崎まどかさん(文筆家)に聞いた

「アメリカのハイスクール」をテーマに選ぶ
写真集3冊

2020年12月18日

山崎まどか(文筆家)

1970年、東京生まれ。文学、映画、音楽、ファッションなど、様々なカルチャーに通じ、雑誌他多くのメディアに寄稿、執筆活動を行う。翻訳書に、タオ・リン『イー・イー・イー』、B・J・ノヴァク『愛を返品した男』、レナ・ダナム『ありがちな女じゃない』など。

1
『TEENAGE』 Joseph Szabo

70年代からロング・アイランドの高校で写真を教えていたジョセフ・スザボが、自分の生徒たちを撮った作品を収録。ダイナソーJr.のジャケットとなったくわえ煙草の少女の写真があまりにも有名だが、他の作品からも10代独特のアンニュイな雰囲気が溢れている。はしゃいでいるのと同時に虚しさを感じているような表情の数々。キャメロン・クロウが寄稿した序文の結び、「未来永劫、変わらないのはハイスクールだけだ」という言葉が全てを物語るかのようだ。

2
『PROM NIGHT』 Elissa Stein

アメリカのティーンにとって特別なイベントといえば、学年末に行われるダンス・パーティのプロムだ。ここに収録された1940年代から80年代のプロム写真からは、特別な夜に寄せる期待と高揚感が伝わってくる。時に滑稽なタキシード姿。ドレスを着てお洒落している女の子たち。会場のブースでぎこちなく抱擁を交わし、ポーズを取って微笑む2人。10代のハイライトを迎えた喜びと、この夜が過ぎたら大人になるしかないのだというせつなさが写真の中で交錯する。

3
『SCHOOL SPIRIT』 Pierre Huyghe, Douglas Coupland

1984年の16歳の誕生日に学校で亡くなり、ハイスクールに囚われて「学校の幽霊」(スクール・スピリット=愛校精神とかけてある)になってしまった少女の独白からなるダグラス・クープランドの短編と、ハイスクールの学年アルバムを素材にしたピエール・ユイグのコラージュを組み合わせた書籍。アルバムの寄せ書きに添えられたフレーズの数々とモノクロの学園写真が、まるでアドレッセンスの墓標のようだ。

(出典)ブックリスト「本と輪 この3冊」vol.1 2017.4

SHAREこの記事をシェアする

だいたい金曜日の本

各分野でご活躍の皆さまに、世田谷文学館が用意したお題に対して、3冊の本を挙げていただきました。ロゴマークのデザインは、クラフト・エヴィング商會さんです。当館で不定期発行しているブックリスト「本と輪 この3冊」からのご紹介です。子ども向けの本から、洋書や哲学書まで、旅の本、食の本、写真集など幅広い分野から選んでいただきました。意外なテーマも出てきます。当館ライブラリー〈ほんとわ〉の雰囲気を、ホームページでも味わっていただければと思います。だいたい毎週金曜日に更新していきますので、どうぞお楽しみに。

※選書の入手について:書籍により、なかには現在入手が難しいものもあります。文庫版や古書、図書館などでも探してみてください。

hontowa ロゴマーク

角田光代(作家)

子どもの頃の思い出の本3冊

リンク

荒井良二(絵本作家)

大好きな外国の絵本3冊

リンク

土井章史(編集者)

長新太と出会う最初の3冊

リンク

君島佐和子(「料理通信」編集主幹)

料理にまつわる座右の書3冊

リンク

中山晴奈(フードデザイナー)

料理にまつわる座右の書3冊

リンク

鈴木芳雄(編集者・美術ジャーナリスト)

編集に唸る写真集3冊

リンク

平野太呂(写真家)

青春の写真集3冊

リンク

山崎まどか(文筆家)

「アメリカのハイスクール」をテーマに選ぶ写真集3冊

リンク

大橋歩(イラストレーター)

私の好きな絵本3冊

リンク

岡本仁(編集者)

信藤三雄さんはとっくに知っていた3冊

リンク

津田淳子(編集者)

造本・装丁がおもしろい本3冊

リンク

tupera tupera

貼り絵でつくられた絵本3冊

リンク