文学館について

文学館について

ごあいさつ

1995年に開設されて以来十余年、当世田谷文学館は、世田谷の恵まれた特性を尊重し、それにふさわしい業績を積みかさねてきました。

武蔵野の昔ながらの自然の名残りをとどめる地区、静かな品格ある住宅地、時代に即応した商業活動を展開する街が、絶妙な調和を作りだしている土地。明治の徳冨蘆花を先駆として、現在に至るまで、じつに数多くの文学者・芸術家が居を構えたという事実が、取りもなおさず世田谷の文化的な風土の質の高さを証明しています。文学館のような施設を設けるのに、これほど適した土地はないとさえ言えるかもしれません。

そう考えると、世田谷文学館の果たすべき役割の大きさに、あらためて思いあたります。まず、世田谷にゆかりのある文学者・芸術家の多彩な仕事の真価を、いっそう広く深く探求する使命があります。また、数多くの知的な関心の高い方々のご要望を汲んで、広く文学、文化一般を対象にして、未知の特質と魅力を探る試みに積極的に取りくむ必要もあります。そうすることによって、地域から寄せられる期待に応えるとともに、地域の枠を越えて、新しい文学的・文化的な成果を広く発信する拠点にもなり得るはずです。

そのような使命と役割を十分に果たすためには、いたずらに高尚な狭い文学、文化の枠のなかに閉じこもったりしてはならない、これは申すまでもありません。美術、音楽、映画、演劇などさまざまな領域にも柔軟に視野をひろげるのはもちろん、とくに時代の新しい動向にたえず注目し、つねに門戸を開く用意を怠ってはならないこともよく承知しております。

以上、いろいろ申し述べましたが、考えてみると、これは初代佐伯彰一館長のもと、関係者すべて一致して努力し、相応の成果をあげてきた目標でもあります。今後もそれを継承しつつ、時代の歩みにあわせて深化と発展を図りさえすれば、健全な運営の道はおのずから開けると考えております。

この機会に、ますます多数の皆さまのご支持、ご協力をお願い申しあげます。

世田谷文学館名誉館長 菅野昭正

施設案内

世田谷文学館は、「世田谷固有の文学風土を保存・継承し、まちづくりの活性化に寄与することをめざす文学館」、「区民の文化交流の場と機会をつくりだし、新たな地域文化創造の拠点をめざす文学館」を基本理念として、1995年に東京23区では初の地域総合文学館として開館しました。

施設名称
世田谷文学館
指定管理者
公益財団法人せたがや文化財団
所在地
東京都世田谷区南烏山1-10-10
敷地面積
2,387.04㎡
建築面積
1,527.08㎡
延床面積
4,593.92㎡

沿革

1986年12月
“世田谷文化会議”―21世紀の文化市世田谷をめざすために―から文学館建設等の提言を受ける。
1987年3月
「世田谷区新基本計画及び同実施計画」事業計画化。
1990年11月
「文学館基本構想検討委員会」(委員6名、委員長 佐伯彰一)を開催する。
1991年12月
文学館基本構想検討委員会より「世田谷区立文学館基本構想」が答申される。
1992年4月
1992年度予算に文学館建設事業として、展示基本設計費等を予算化総務部文化課に文学館開設準備主査を配置する。
1992年9月
区とウテナで「覚書」を交わす。工事が着工される。
1992年11月
「文学館運営準備委員会」(委員長 佐伯彰一)発足。
1993年4月
総務部に文学館開設準備室を設置する。
1993年10月
「文学館基本計画」が政策決定される。
1993年11月
ウテナ開発事業及び文学館施設工事が竣工する。
1993年12月
区とウテナで「賃貸借契約」及び「覚書」を締結する。
1994年3月
文学館開設準備室を新施設に移転する。
1994年9月
第3回区議会定例会で「文学館条例」が議決される。
1994年9月
財団法人世田谷区美術振興財団理事会・評議員会で、文学館準備組織と予算について審議可決される。
1994年10月
同財団職員として発令、新体制が発足する。
1995年4月
世田谷文学館として開館。佐伯彰一が初代館長に就任。
1999年4月
世田谷文学館友の会発足
2003年4月
財団法人世田谷区美術振興財団と財団法人世田谷区コミュニティ振興財団を統合し、財団法人せたがや文化財団を設立。
2007年6月
佐伯彰一館長退任(名誉館長)、菅野昭正館長就任。
2011年4月
せたがや文化財団が公益財団法人となる。
2021年4月
菅野昭正館長退任(名誉館長)、亀山郁夫館長就任