荒井良二さん(絵本作家)に聞いた大好きな外国の絵本3冊

本と輪 この3冊

荒井良二さん(絵本作家)に聞いた

大好きな外国の絵本3冊

©有村蓮

2020年10月9日

荒井良二(絵本作家)

1956年山形県生まれ。『たいようオルガン』でJBBY賞、『あさになったのでまどをあけますよ』で産経児童出版文化賞・大賞、『きょうはそらにまるいつき』で日本絵本賞大賞を受賞。2005年児童文学賞の最高峰アストリッド・リンドグレーン記念文学賞を日本人で初受賞。2018年まで「みちのおくの芸術祭山形ビエンナーレ」の芸術監督を務めるなど、活動の幅を広げている。2009年、世田谷文学館にて「進める荒井良二のいろいろ展」を開催。

1
『ちいさなとりよ』原題 THE DEAD BIRD マーガレット・ワイズ・ブラウン

ことりの死と向き合う、こどもたちを描いた傑作。静ひつさを表す絵の構成とデザインが素晴らしい。

2
『たいせつなこと』原題 THE IMPORTANT BOOK マーガレット・ワイズ・ブラウン

「Words by Margaret Wise Brown」に注目です。まるで歌のように美しく語りかけてくる絵本。(表4の絵が、原本と日本版で違っているのが残念です)

3
『セーラーとペッカシリーズ』原題 SAILOR OCH PEKKA ヨックム・ノードストリューム

素敵な二人組が織り成す、様々な日常の出来事を見事な絵と間合いで楽しませてくれる大傑作!

(出典)ブックリスト「本と輪 この3冊」vol.1 2017.4

SHAREこの記事をシェアする

だいたい金曜日の本

各分野でご活躍の皆さまに、世田谷文学館が用意したお題に対して、3冊の本を挙げていただきました。ロゴマークのデザインは、クラフト・エヴィング商會さんです。当館で不定期発行しているブックリスト「本と輪 この3冊」からのご紹介です。子ども向けの本から、洋書や哲学書まで、旅の本、食の本、写真集など幅広い分野から選んでいただきました。意外なテーマも出てきます。当館ライブラリー〈ほんとわ〉の雰囲気を、ホームページでも味わっていただければと思います。だいたい毎週金曜日に更新していきますので、どうぞお楽しみに。

※選書の入手について:書籍により、なかには現在入手が難しいものもあります。文庫版や古書、図書館などでも探してみてください。

hontowa ロゴマーク

角田光代(作家)

子どもの頃の思い出の本3冊

リンク

荒井良二(絵本作家)

大好きな外国の絵本3冊

リンク

土井章史(編集者)

長新太と出会う最初の3冊

リンク

君島佐和子(「料理通信」編集主幹)

料理にまつわる座右の書3冊

リンク

中山晴奈(フードデザイナー)

料理にまつわる座右の書3冊

リンク

鈴木芳雄(編集者・美術ジャーナリスト)

編集に唸る写真集3冊

リンク

平野太呂(写真家)

青春の写真集3冊

リンク

山崎まどか(文筆家)

「アメリカのハイスクール」をテーマに選ぶ写真集3冊

リンク

大橋歩(イラストレーター)

私の好きな絵本3冊

リンク

岡本仁(編集者)

信藤三雄さんはとっくに知っていた3冊

リンク

津田淳子(編集者)

造本・装丁がおもしろい本3冊

リンク

tupera tupera

貼り絵でつくられた絵本3冊

リンク