平野太呂さん(写真家)に聞いた青春の写真集3冊

本と輪 この3冊

平野太呂さん(写真家)に聞いた

青春の写真集3冊

2020年11月20日

平野太呂(写真家)

1973年、東京生まれ。2000年よりフリーランスとして活動を開始。スケートボードカルチャーを基盤にしながらも、ファッション誌や広告などで活動。2004年から2019年までオルタナティヴなスペースNO.12 GALLERY主宰。多くのインディペンデントな作家達が展示をする場所となった。著書に『POOL』、『ばらばら』(共著・星野源)、『東京の仕事場』、『ボクと先輩』、『Los Angeles Car Club』、『The Kings』、『I HAVEN’T SEEN HIM』など。

1
『MODS!』 Richard Barnes

僕が通っていた学校の先輩に古いベスパを乗り回している先輩がいて、憧れました。それでこの本を買って、何度も飽きずに研究したものです。 写真の記録という本来の機能をふんだんに味わいました。

2
『THE AMERICANS』 Robert Frank

写真を扱う作家がいるということを思い知った1冊。何度もページをめくり、かっこいい構図や、ザラザラな質感に青年だった僕は表面的な影響を受け、見る度に“よそ者から見たアメリカ”を自分に投影するのでした。 そして何より撮っている人物を常に意識しながら見た、初めての写真集でした。

3
『MY RULES』 Glen E. Friedman

やりたいことをやり、誰にも頼まれていないのに本にする。このインディペンデント精神を教わったのはこの本からかも知れません。 シーンの一員になる。自分ができる方法で参加する。形にして手渡していく。写真を撮るだけではない、一連の行動自体が表現であることに気がつく。

(出典)ブックリスト「本と輪 この3冊」vol.1 2017.4

SHAREこの記事をシェアする

だいたい金曜日の本

各分野でご活躍の皆さまに、世田谷文学館が用意したお題に対して、3冊の本を挙げていただきました。ロゴマークのデザインは、クラフト・エヴィング商會さんです。当館で不定期発行しているブックリスト「本と輪 この3冊」からのご紹介です。子ども向けの本から、洋書や哲学書まで、旅の本、食の本、写真集など幅広い分野から選んでいただきました。意外なテーマも出てきます。当館ライブラリー〈ほんとわ〉の雰囲気を、ホームページでも味わっていただければと思います。だいたい毎週金曜日に更新していきますので、どうぞお楽しみに。

※選書の入手について:書籍により、なかには現在入手が難しいものもあります。文庫版や古書、図書館などでも探してみてください。

hontowa ロゴマーク

角田光代(作家)

子どもの頃の思い出の本3冊

リンク

荒井良二(絵本作家)

大好きな外国の絵本3冊

リンク

土井章史(編集者)

長新太と出会う最初の3冊

リンク

君島佐和子(「料理通信」編集主幹)

料理にまつわる座右の書3冊

リンク

中山晴奈(フードデザイナー)

料理にまつわる座右の書3冊

リンク

鈴木芳雄(編集者・美術ジャーナリスト)

編集に唸る写真集3冊

リンク

平野太呂(写真家)

青春の写真集3冊

リンク

山崎まどか(文筆家)

「アメリカのハイスクール」をテーマに選ぶ写真集3冊

リンク

大橋歩(イラストレーター)

私の好きな絵本3冊

リンク

岡本仁(編集者)

信藤三雄さんはとっくに知っていた3冊

リンク

津田淳子(編集者)

造本・装丁がおもしろい本3冊

リンク

tupera tupera

貼り絵でつくられた絵本3冊

リンク