江國香織さん(作家、詩人、翻訳家)が選ぶ安西水丸といえば、思い出す3冊

本と輪 この3冊

江國香織さん(作家、詩人、翻訳家)が選ぶ

安西水丸といえば、思い出す3冊

2021年4月30日

江國香織(作家、詩人、翻訳家)

1964年東京都生まれ。1992年『こうばしい日々』で坪田譲治文学賞、『きらきらひかる』で紫式部文学賞、2004年『号泣する準備はできていた』で直木賞、2010年『真昼なのに昏い部屋』で中央公論文芸賞、2012年「犬とハモニカ」で川端康成文学賞、2015年『ヤモリ、カエル、シジミチョウ』で谷崎潤一郎賞を受賞。小説以外に、詩作や海外絵本の翻訳も手掛ける。

1
『アマリリス』 安西水丸

安西水丸さんといえば、わたしにとっては、もう何といっても『アマリリス』なのだ。何度読み返しただろう。ニューヨークに住んでいた若いころの日々をモチーフにした短編集で、一編ずつがまるで彼の絵のように、静かで明晰で、けれど曇り空の温度で含羞をはらみ、控え目ですうすうと涼しい。言葉が、質量ともにこんなに飾らず精確に使われている小説を、私は他に知らない。若いということの自由さと寄るべなさが、胸のなかに雪みたいに降ってくる。

2
「海の方から」 安西水丸 ※『銀座24の物語』所収

短編アンソロジーのなかの一編だが、「銀座へは海の方から入る。」という冒頭の一文だけで、水丸さんだとわかる。そんなことが一体どうしてできるのだろう。そういえば、『すいかの匂い』という本の表紙絵を描いていただいたとき、水丸さんが描かれたのは切ったすいかの半月形の線で、ごくシンプルな、すいかと言われれば誰もが描きそうな赤と緑の細い線で、それなのに一目で水丸さんの絵だとわかる風味と品があって驚いたのだった。文章でもそれができるんだな、このひとは、と、しみじみ感心してしまう。

3
絵本シリーズ『セーラーとペッカ』 ヨックム・ノードストリューム

この五冊の絵本を安西水丸さんが御存知だったかどうかはわからない。でも、きっとお好きに違いないと勝手に想像している。この風通しのよさ、この風合い、この色使い、この愉しさ。作者のヨックム・ノードストリュームはスウェーデンの現代美術家で、この五冊が彼の唯一の絵本作品であるらしい。元船乗りのセーラーと犬のペッカの暮しぶりについて、ペッカの手にこのコップは大きすぎやしないかとか、ジャクソン夫人の家の壁紙は元の色の方がよくはないかとか、水丸さんと話してみたかったなあと思う。

(出典)ブックリスト「本と輪 この3冊」vol.9 2021.4

SHAREこの記事をシェアする

だいたい金曜日の本

各分野でご活躍の皆さまに、世田谷文学館が用意したお題に対して、3冊の本を挙げていただきました。ロゴマークのデザインは、クラフト・エヴィング商會さんです。当館で不定期発行しているブックリスト「本と輪 この3冊」からのご紹介です。子ども向けの本から、洋書や哲学書まで、旅の本、食の本、写真集など幅広い分野から選んでいただきました。意外なテーマも出てきます。当館ライブラリー〈ほんとわ〉の雰囲気を、ホームページでも味わっていただければと思います。だいたい毎週金曜日に更新していきますので、どうぞお楽しみに。

※選書の入手について:書籍により、なかには現在入手が難しいものもあります。文庫版や古書、図書館などでも探してみてください。

hontowa ロゴマーク

角田光代(作家)

子どもの頃の思い出の本3冊

リンク

荒井良二(絵本作家)

大好きな外国の絵本3冊

リンク

土井章史(編集者)

長新太と出会う最初の3冊

リンク

君島佐和子(「料理通信」編集主幹)

料理にまつわる座右の書3冊

リンク

中山晴奈(フードデザイナー)

料理にまつわる座右の書3冊

リンク

鈴木芳雄(編集者・美術ジャーナリスト)

編集に唸る写真集3冊

リンク

平野太呂(写真家)

青春の写真集3冊

リンク

山崎まどか(文筆家)

「アメリカのハイスクール」をテーマに選ぶ写真集3冊

リンク

大橋歩(イラストレーター)

私の好きな絵本3冊

リンク

岡本仁(編集者)

信藤三雄さんはとっくに知っていた3冊

リンク

津田淳子(編集者)

造本・装丁がおもしろい本3冊

リンク

tupera tupera

貼り絵でつくられた絵本3冊

リンク

嵐山光三郎(作家)

安西水丸の3冊

リンク

江國香織(作家、詩人、翻訳家)

安西水丸といえば、思い出す3冊

リンク

小山薫堂(放送作家、脚本家)

安西水丸 この3冊

リンク